« 今週は大先輩とカゴ | トップページ | 今週の一軍 »

わたしのカゴ釣り

weep もう、カゴイサキもそろそろ終了ですね。fish

わたしは、カゴ釣りもフカセ釣りの一種だと思っています。

 

 

何が大事かと言えば。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コマセと付けエサの同調!!

 

が一番大事だと思っています。

 

ですので、特にイサキのカゴ釣りについては

網カゴを使用します。

理由は、コマセと付けエサを長い時間 同調できると思うからです。

 

汚い絵ですがかんたんにわたしの想像の世界を書いてみました。(*_ _)人ゴメンナサイ

 

 

カゴ(仕掛け)が着水した瞬間、衝撃でカゴからコマセがこぼれます。

 

Photo

次に、カゴがタナまで落ちて、ウキがなじみます。

この時まだ、付けエサはなじんでいません。

Photo_2

 

しかし、着水の時にこぼれたコマセと付けエサは

この時点から同調しだします。

 

 

そして仕掛け(付けエサ)がなじみ、カゴからも適量のコマセが

出続けます。

Photo_3

 

魚は、上から落ちてくるエサに興味を示す場合が多いと思います。

ですので、状況がよければこの辺でアタリが出ます。

 

 

 

潮がゆるい場合などは、さらに付けエサは落ちていきます。

Photo_4

 

最初に出たコマセは、付けエサを通り過ぎていますが

網カゴにコマセが残っていれば、潮に流されて付けエサと同調し続けます。

 

黒カゴ(樹脂製)や反転カゴの場合

コマセが一度に出てしまうため、最終的には付けエサだけが残ってしまうため

長時間コマセと付けエサを同調させるためには

どうしてもハリスを長くする必要があると思われます。

(それでもハリスの長さ分しか同調しませんが。)

ハリスを長くすると、どうしてもトラブルが増えます。crying

 

 

ただし、潮が速い場所や水深があり、エサ取り満載で仕掛けがなじむまでに

付けエサがとられるようなときは、この釣り方は適しません。

 

まあ、そのポイントごとの工夫は必要でしょうね。good

 

 

カゴ釣りの楽しみは、イサキやマダイなどおいしい魚が釣れることと

あと場所によっては、とんでもない魚coldsweats02が釣れるのが楽しいと思います。

|

« 今週は大先輩とカゴ | トップページ | 今週の一軍 »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/520664/49122705

この記事へのトラックバック一覧です: わたしのカゴ釣り:

« 今週は大先輩とカゴ | トップページ | 今週の一軍 »